哀愁の西の落日

2014年09月17日



かつて何匹もの猫を撮ることができた場所。



今やわずかにダイヤンのみ。



長生きしような。
posted by まるこめ at 00:12 | Comment(7) | 海猫
この記事へのコメント

あれれ?門番のあの子は?

Posted by チィ at 2014年09月17日 12:30
門番のマサカドさんですね!
諦めてどこかに移動したんですかね…(?_?)
Posted by ラブピー at 2014年09月17日 19:39
>チィさん
川向こうというかなんつうか、
西の果てとそのちょい手前は別エリアという認識です。

>ラブピーさん
あと、ここが野外猫カフェ状態だった時、
マサカドはまだ生まれていなかったので。
Posted by まるこめ at 2014年09月17日 21:19
 一枚目の写真の辺りは、往時は群れの賑わいのあった辺りですね
今は見る影もなくも無く、一変していますね。

 流れ流れて西の果て、男?一匹ダイヤンの、背なが啼いてる寂しは
落日の為だけでは無さそうですね。

 お世話して下さる人の為にも、頑張って長生きしないとダメだよ。

Posted by shonan at 2014年09月17日 22:10
かつてここは最大級の海猫エリアでした。
ここまで足を運んで誰にも会えない日などありえなかったのですが……。
Posted by まるこめ at 2014年09月18日 00:51
ちっと痩せたなあ。
ダイヤン。

西はひなた派と日影派で、
たくさんいたのにな。
Posted by dainoji at 2014年09月18日 08:37
日向派、日影派……。
撮ったその時には、それがどんなに幸せなことなのかわからずにいました。
Posted by まるこめ at 2014年09月18日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: