あの時のきみだったか!

2014年12月25日



明らかになったこの子の出自については、こちらのコメント欄を参照。



幼い頃から知っていながらイコールでつながらなかったのは、



姿を消してからの長さと、あまりに離れた場所での再会ゆえ。



他の誰よりも臆病で、寄ることなど思いもよらなかったのが、



今や溶けてバターになりそうなぐらい甘える甘える (というか、ピントが)。
posted by まるこめ at 20:29 | Comment(3) | 海猫
この記事へのコメント
そーだったんですか!
東の公園から居なくなった子を探しに来てた方が
その子だと言ってたと思ったけど、また別の子なんですね~。
急に現れる子も居るし、居なくなる子も…
最近ウリ坊を全く見掛けないと言ってました。
どこかでちゃんとご飯食べれてればいーですけど…(T_T)
Posted by ラブピー at 2014年12月26日 10:58
生きててくれて本当にうれしいです。
時の経過と共に、こんなになつこくなってるなんて。
ここまで成長する間に、お世話してくれてる方の愛情を知ったからなんでしょうネ。
Posted by ねこやしき at 2014年12月26日 16:44
>ラブピーさん
そうだったんです。迂闊でした。
ウリは13日に見たのが最後になっています。
今日はクリもベルも出てきませんでした。

>ねこやしきさん
このエリアで最初に見かけた時から人懐こい子だなぁと思っていたのですが、
むこうにしてみれば「おいちゃん! 再会!」だったのかもしれませんね。
Posted by まるこめ at 2014年12月26日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: