君のこと、子供の頃から知ってるよ

2015年01月10日



いたのはこの子だけだった。



似たようなのがたくさんいた場所を何年ぶりかで訪ねたら。
posted by まるこめ at 18:14 | Comment(4) | 寺猫
この記事へのコメント
いつも読み逃げのおばさんです。
このコ覚えてる〜って、過去ログ開いたら、
私の初コメが入っていました〜 ^-^;
大きくなりましたね。他のコも元気だといいな。
あれから5年も経つなんて... 変わらずファンで日参しています ♪
8歳だったうちのねこ、昨年6月に13歳でお空に帰って行きました。
まだまだ哀しいですが、こちらのねこさん達が慰めてくれます。
まるこめさんに感謝です。ありがとうございます。。。
これからもやさしい目線で写されるねこちゃん写真、楽しみにしています。
Posted by ちゃま at 2015年01月10日 22:09
こんにちわ。
この子は不思議な感じの可愛い子ですね。
2009年の写真を見るといつもコッソリしてるふうに見えます。口の模様でそうみえるのかな。
仲間は居なくなってしまったけれど元気でいてね。
Posted by アン at 2015年01月11日 14:16
こういうことって、いろんな場面であるけど・・・
時の流れと言うか、寂しいね。
Posted by 瑚兎利 at 2015年01月12日 07:32
>ちゃまさん
や。どうもありがとうございます。とてもうれしいです。
13歳。残念ですが、その子のおかげでちゃまさんもご家族も幸せでしたね。
ぜひまたコメントお寄せください。

>アンさん
背後に人間を拒否する藪が延々と広がっている場所なので、
メンバーの多くはきっとそこでぬくぬくしているんだろうと考えることにしています。
年にせいぜい1、2度の訪問で会えた会えない言うのもおこがましいです。

>瑚兎利さん
次から次へと通りすがりの猫だけを撮っているなら無縁のことなのでしょうが、
何年も同じ場所で同じ子を追っていると、まー、諸行無常というかなんつうか。
Posted by まるこめ at 2015年01月12日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: