帰還

2015年05月18日



立派なヒゲをひと目見て、あの子だと確信した。



命名した途端、見かけなくなってしまってた。



6年ぶり、病み衰えての帰還。



救いは、先住猫にまったく警戒心がないことで。
posted by まるこめ at 02:36 | Comment(6) | 海猫
この記事へのコメント
今朝のブログで知りました。数奇な運命を歩んできたのか
偉丈夫さも体躯も、昔日の面影もな無く痩せさらばえて突然
出現したバロンを、ソンミンと共にエリアで偶然遭遇しました。
数日前の出会いなのに、ソンミンは威嚇することも無く拒絶する
訳でもなく、鷹揚にバロンをエリアに受け入れ、旧知の間柄の様に
打ち解けています。今のところバロンはソンミンには従順です。
一緒に散歩したり、ハウスで食事を共にしたりています。
気がかりなのはソンミンは気が優しいから、庇を貸して母屋を
取られなければいいのだがと、少しばかり杞憂しています…。
間もなく訪れるであろう高齢期を、エリア内で労わりあって
共生して欲しいと願う私です。ソンミンの近況をと……。
Posted by shonan at 2015年05月18日 09:59
ひと目で顔は思い出しましたが、付けただけでほとんど使う機会のなかった名前は失念していました。
旧知であったことはまちがいないですが、それにしても鷹揚なソンミンではあります。
Posted by まるこめ at 2015年05月18日 23:33

えー?!何処に行っていたのでしょうか?
このようなお話もあるのですね。
クンペイもきっとこんな日が来るのだと
思いたい。

Posted by チィ at 2015年05月19日 06:56
あるんですねぇ、こういうこと。
希望の光も見えてきます。信じるよすがというか。
Posted by まるこめ at 2015年05月20日 07:48
お久しぶりです。
こういう出来事は、非常に嬉しいですね。
ついコメントしたくなりました。
約7年、どこへ旅していたのでしょうか?
不思議なこともあるものなんですね。。
Posted by ころ at 2015年06月01日 20:37
本当に驚きです。しかも、昨日の今日のような人懐こさ。
数奇な運命を黙して語らぬのがまた歯痒いです。
Posted by まるこめ at 2015年06月02日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: