月に1度は休暇を取ろう

2008年07月10日



思うことはいろいろあるけど、気を取り直して今日は寺猫。



梅雨の合間、午後から晴れた7月1日のカット。



1日といえば火曜日。なんでそんな日にという疑問もあろうかと思いますが、



休暇取ってたんですねぇ。 雨なら映画 (ファーストデー)、晴れたら撮り歩きをもくろんで。



「月に1度は有給休暇!」 の推進者です、ワタクシは。



実際は2ヶ月に1度取れたらいい方ですが (気が弱いので言い出せない)。
posted by まるこめ at 18:43 | Comment(5) | 寺猫
この記事へのコメント
いいなあ夏休みは寺猫に逢いたいです。
海猫は早朝じゃないと居なさそう。海シーズンだからてかサイクリング自重。
休暇は去年は入院手術で使い、今年も再発したので、日帰り治療に早退に薬で
まあ命に関わる病気ではないので。手術後包帯ぐるぐる巻きだと
家猫は遠慮してすり寄りません。
足引きずりながら、猫見ると立ち止まる日々は変わりません。
Posted by 牛猫の下僕 at 2008年07月10日 19:56
寺猫さんたち、鷹揚な表情に見えますね。
島猫さんたちの後だと特にそう見えてしまうのかも知れませんが。
いや、寺猫さんたちもなにかとたいへんなんでしょうけれど...。
う〜ん、どうも島のあとはいろいろ考えさせられます。


Posted by 海から遠い杉並区 at 2008年07月10日 21:15
>牛猫の下僕さん
夏場はどこの子も時間を選ばないと多くには出会えないかもしれませんねぇ。
休みはあっても猫出てこない。
これ、ぼくなんぞには相当なジレンマです。
川崎に新しくできた猫カフェにでも行ってきたろかしらんと思います。

>海から遠い杉並区さん
例の島猫について驚き切なくなったのは、
同じ子が2年あるいはそれ以下で、こんなにもくたびれてしまうのかということでした。
潮風の脅威というものを改めて感じました。
山門やお堂に守られたこの寺猫たちは、それだけでも恵まれているなぁと思います。
Posted by まるこめ at 2008年07月11日 18:33

>山門やお堂に守られたこの寺猫たち
だけでなく、彼らが目で追う(そして私たちには見えない)
ナニカにも守られているのでしょうか...w
Posted by 海から遠い杉並区 at 2008年07月11日 23:08
そうかもしれません。
寺猫はいろいろなものに守られていますねぇ。
結界張ってあるんですねぇ。やっぱし。
Posted by まるこめ at 2008年07月12日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: