漁港の片隅でマロ様と囁く

2015年12月27日



10月の入院に際し、気がかりだったのは自分のことよりマロのこと。



ずっと恐れていたことが、そろそろ覚悟していたことが、



よりによってその間に起こってしまいそうな気がしていた。



結果、



その通りになってしまった。



目撃情報は入院4日めを最後に途絶えたのだった。



大いに衰え、光さえも失ったマロはより暗くより狭い場所を求めたのだろう。



おそらくは誰の目にも触れない船底に身を潜めたのだと思われる。



お気に入りのあの船、降りることもかなわなくなっていたあの船の。



薄々は気づかれていただろうこのことを、ずっと言えずにここまできた。



更新が滞りがちになった、これが一番の原因だ。



2ヶ月が過ぎた今、未練がましくぼくはまだ



船底あたりをノックしつつ、そっと呼びかけずにはいられない。
posted by まるこめ at 10:39 | Comment(27) | 海猫
この記事へのコメント
残念です
Posted by そにー at 2015年12月27日 13:54
お久しぶりです。
なんとなく薄々気づいてました。
ついにその日が来てしまいましたか・・・
覚悟はしてましたが・・・魅力的な子でした。
でもよく頑張りました、マロさん
まるこめさん、ボランティアさんはじめ
マロさんを世話して頂いた皆さんに感謝です。
漁港で撮ったマロさんの写真は私の宝物です。
Posted by プリ夫 at 2015年12月27日 14:24
ネコたちの
潔さに
あっぱれです!!
Posted by mike at 2015年12月27日 14:36
悲しくて淋しくて言葉になりませんが、マロ様に良くして頂いた方々ありがとうございました。
まるこめさん、素敵な写真を撮り続けてくれありがとうございました。
Posted by アン at 2015年12月27日 18:21
マロ様、そうだったのですね。

悲しくて寂しいです。

Posted by しなもん at 2015年12月27日 19:08
此のころのマロの事は私には皆目知りませんが、改めて見ると魅惑的な猫ですね
苦渋に満ちた晩年を、健気に耐え凌いでいる、痛々しいマロの現実しか知りませんが
とある方と、会えば安否を気遣っていました。
死にざまを見せぬまま、終の棲家とした場所で?永久の眠りに就いたようですね
心ある方々と、マルコメさんの心中をお察しいたします。以てマロの冥福を…。
Posted by shonan at 2015年12月27日 20:35
出会いは偶然、別れは必然

そう頭では分かっていても、寂しくて悲しくて、現実を受け止めれない気持ちになります。

頑張って生きたマロ様、それを支えて下さったマルコメさんやボランティアの方々、出会えたことで、皆さんに笑顔が生まれてマロ様も幸せでしたね。

マルコメさんのノックする音はきっとマロ様にとどいています。
泣けてきます。マルコメさんの気持ちを思うと。
Posted by ダージリン at 2015年12月28日 01:01

まるこめさん
マロさまの記事を書き上げてくださったこと
有難く思います。
お辛かったことと思います。

海猫たちの素敵な姿を
どんなときもありのままを
伝えてくださり
わたしはまるこめさんの海猫伝説がもっと大好きになりました。

なんとなく辛かったとき、マロさまの横に座り、一緒に海を見て風に吹かれたとき
猫なのに人生のあれこれを無言で伝えてくれたような雰囲気で
気持ちを落ち着かせてくれたマロさま。

わたしが出会ったときはすでにもうおばあちゃんなマロさまで
トリオでは写真の中でしか会うことは出来ませんでしたが
綺麗な虹の橋の向こうでまた仲良く三人で。。。と願わずにはいられません。

何も出来ませんでしたが
マロさまを支えてくださったみなさま、ありがとうございました。

素敵な時間を与えてくださり
マロさま、ありがとね。
ほんとに、ありがとね。
Posted by チィ at 2015年12月28日 08:36


こういう日が来るとはわかっていましたが…

まるこめさんはじめマロを愛しお世話してくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
Posted by ねこやしき at 2015年12月28日 10:10
今年は暖冬だけれど、ここ数日寒いなあ。
マロはどうしているだろう、、、
と思ってまるこめさんのところに来ました。

そうですか。

マロ、船にいるのが好きでしたね。
ここしばらくは、マロといえば船の上、でしたね。

そうですか。。。

まるこめさん、お気を落としのないように。
教えてくださってありがとうございました。


マロ、またね。
Posted by 海から遠い杉並区 at 2015年12月28日 23:07
良く生きたんだと 思います。

Posted by 茅ヶ崎在住人 at 2015年12月29日 05:58
マロ様、ついに旅だってしまいましたか。。
おもえば、まるこめさんのこのブログの常連となったきっかけはマロ様のあまりに凛々しいその姿でした。それ以降、頑張って生きている海猫たちの姿を拝見して元気をもらったものでした。今から4年ほど前にはマロ様の姿を探しに漁港まで行きましたが、強風がすごくてこれでは猫も避難してるだろうと断念して以降結局会えないままこの日を迎えてしまいました。
私事ながら、うちの猫も今月18日に帰らぬ猫となりました。ずっと腎臓が悪く年内もつかどうかと言われていましたが、日本に10月一時帰国の際に会ったのが最後となりました。
それに続いてのマロ様の今回の悲報。残念でなりません。しかし、最後までマロ様は凛々しい姿を私たちに焼き付けたまま去っていったこと、マロ様らしい生き様だなと、言い方が悪いですが、改めて思う次第です。
まるこめさん、心中お察し申し上げます。船底をたたくお気持ちよくわかります。ご連絡していただきありがとうございました。
Posted by ししまる at 2015年12月29日 16:39

何だか、寂しいですね。

かつての漁港トリオが再結成されていますね。きっと。

アトムヘアーとステラに、
やっと、
会えたね。
マロ…
Posted by まりごん at 2015年12月29日 17:09
数年前からの隠れファンです。初めてコメントさせていただきます。「海猫伝説」の大ファンになったきっかけは偶然拝見した一枚のマロ様の写真からでした。

浜で暮らす過酷な環境の中で最期まで強く生きなさって(涙)
まりごんさんの最後の4行にただ涙、涙・・・・
まるこめさんの胸中を思うと また涙。。。
Posted by 焼津のミケ at 2015年12月29日 20:04
このブログでしかご存知ない方には驚きだったかもしれませんが、
じかに接する者にとってはじわじわと覚悟を強いられてきたこの1年でした。
喪失感はありますが、やっと楽になれたねという安堵の気持ちも大きいです。

後にクロサワ先輩のような20歳超の子とも出会いましたが、
ブログを始める前から撮っていた子はこれでいなくなりました。
来月で10年を迎えるこのブログの、最初からいた子がこれでいなくなったのです。
辞め時かなという思いがこの2ヶ月、ずっとくすぶり続けています。
……でも辞めないだろうなという答えも同時にほとんど出ています。

そこまで思いを至らせる存在がマロでした。大好きでした。
多くのコメントをいただけて、本当にうれしいです。
どうもありがとうございます。まとコメでごめんなさい。
Posted by まるこめ at 2015年12月30日 00:26
まるこめさん、お辛い報告をありがとうございます。
2009年の夏の終わりにトリオに遭ってからこれまでのマロさんの生涯を目の当たりにできたこと、本当に幸せでした。
立派な一生だったと心から讃えたいです。
家族として責任をもって朝な夕なに関わってくれた方々、ブログを通して愛らしい姿を紹介し続けてくださったまるこめさん、元気玉を送り続けたサポーターともこの感慨が共有できていると思います。
今は、先に行った子たちとのびのびと天高く駆け巡っていると信じています。

まるこめさん、いつか『海猫伝説』の写真展、しませんか?



Posted by アルテス at 2015年12月30日 12:47
https://youtu.be/H2CuTfAJhpo
しっぽを持った天使さんの所に貼られてたこれを
何気なく見てたら今まで亡くした子達のことを思い出してしまい
年甲斐もなく号泣してしまいました。
Posted by プリ夫 at 2015年12月30日 20:20
今の力量では写真展は無理だと思います。
漁港トリオ伝説もぜひまたご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=CnD14BUTPN0
Posted by まるこめ at 2015年12月30日 23:51
私もずっと読み逃げしていました。6年位前からです。
マロさんに惹きつけられ、マロさん目当てでした。
ネットの世界の猫さんで、ここまで惹きつけられたのは、マロさんと岩手のしろちゃんだけです。どんな仔でも可愛いけど。マロさんは不思議な雰囲気のある仔でしたね。

天国に凱旋したんだと思います。ああ、でもさみしい。
Posted by 時差8時間 at 2015年12月31日 02:27
まるこめさんのBlogを覗く時、いつもドキドキしてました。
いつかは来るであろうその日…その記事がアップされてるのではと。

マロちゃん、いままでありがとう。
よく頑張りました。
マルコメさん、辛いご報告ありがとうございました<(_ _*)>
Posted by hiroko at 2015年12月31日 13:06
とうとうマロも伝説になってしまいました。
2ヶ月も黙っていてすみませんでした。
Posted by まるこめ at 2015年12月31日 14:14
そうだったのですね。

マロはどうしているかな、また顔を見に行きたいなと、いつも思っていました。

だいぶ疲れてきていた様でしたから
大丈夫かなぁ、どうしているのかな、と思っておりましたが……。

いつも漁港の船の上に居たマロ
ステラとアトムヘアーと一緒に居たマロ
マロが好きでした。

その時は遠くないだろう、と思ってたけど今はまだ信じられない様な気持ちがします。
マロはまだ、漁港に居てくれるような、でももう居ないんですね……。
そう思ったら悲しくなってきました。
けど、年を越す前に知れてよかったな……とも思います。

まるこめさんのブログ、そしてマロを知った時は確か、精神的に沈んでいた時期だったと思います。
写真を見るたびに優しい気持ちをもらっていました。
マロ、ありがとう……。今はステラとアトムへアーと一緒に居るのかな。
目付き悪トリオが再び結成されたのかな。
本当に寂しいですね。

まるこめさん、マロに会わせてくださりありがとうございました。
これからも海猫伝説を続けて下さい。
応援しています。
Posted by 史希 at 2015年12月31日 18:46
あの廃船のまわりにはまだマロの気がとどまっているようです。
多くの方の「マロ好きだったよ」という気も確実に満ちています。
Posted by まるこめ at 2016年01月01日 00:59
マロ、ありがとうね。
マロの目ヂカラが大好きだった。
虹のたもとでアトムヘアーとステラに会えたかな。
Posted by teddy-miu-miu at 2016年01月02日 23:56
遠くから撮りに来てくださったこと、とてもうれしく思っています。
撮る者を刺激する子でしたね。どうもありがとうございます。
Posted by まるこめ at 2016年01月03日 21:19
マロ。

久しぶりに見にきたら、
そういうことだったのか。

マロ。

言葉もないよ。

マロ。

人と、人ならざるものの間にいて、
いつも泰然としていた。

マロ。

ステラとアトムヘアーによろしく。

マロ。
Posted by dainoji at 2016年01月12日 10:53
たくさんの思いに包まれて逝ってしまいました。
マロを愛してくださって、どうもありがとうございます。
Posted by まるこめ at 2016年01月13日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: