石屋事務所看板猫

2008年08月03日



境内片隅、石屋さんの事務所からのぞく尻尾。



「おじさん、お客さんだよ〜」



いやいや、今日はきみに用があってさ。



「だったら外の方がいいよね」



とばかりに塀の上。
posted by まるこめ at 01:09 | Comment(5) | 寺猫
この記事へのコメント
三枚目の表情がなんとも人間ぽくてかわいいですね〜。
おいちゃんが来てくれて嬉しいのがよく伝わってきます。
こんな表情が見たくて、私もいつもの場所のいつもの
野良たちに会いに行くのかもしれません。
ご飯をあげて猫たちを満足させるのではなく、本当は
自分が癒され励まされているのが目的であり、事実なのかも・・・
Posted by カズりん♪ at 2008年08月03日 11:52
これはドラマのワンシーン。
まるこめさんが定年間近の刑事。
この猫ちゃんが真実を知っている青年。
今後の展開が気になります。
絶妙!
Posted by 都亭 at 2008年08月03日 13:51
>カズりん♪さん
そういうことをなさっていたのですね。
おいしいとこ取りだけしているようなぼくには、
まさに頭が下がる思いです。
自分のためという部分ももちろんおありでしょうが、
それ以上のものが猫のためになっています。
ご苦労さまです。どうもありがとうございます。

>都亭さん
貴重な目撃者であることにまちがいはないのですが、
いかんせん口が堅い。
こやつの口を割らせるのは至難の業です。
というか、それに成功した者はまだいません。
今後の展開もなにも、話は常にここで終わるのです。ううむ。
Posted by まるこめ at 2008年08月03日 21:38
3枚目の写真の表情が何とも愛らしい。
立派な看板猫ちゃんですね。
いつも思うんですけどマルコメさんはすごいな!
こんなかわいい瞬間を片手で撮ってるんでしょう?
それとも猫のアシスタントでも雇ってるとか?
Posted by とよはし at 2008年08月04日 14:58
アシスタントというか、専属カメラマンがいると一番いいですねぇ。
ぼく猫と遊んでるから、きみ撮って、みたいな。
重いカメラの片手取りが、いま肩にきているようです。
Posted by まるこめ at 2008年08月04日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: