なつかショット3

2019年07月25日



2005年。 ブログも伝説もまだ始まらない。
posted by まるこめ at 22:04 | Comment(6) | 海猫
この記事へのコメント
まろさま、この頃からいたのですか。
外の猫ちゃんとしてはかなり長生きだったのですね。まろのお兄さん、お変わりないでしょうか、、、
Posted by ゆきママ at 2019年07月26日 15:16
まろ様、耳にちょっと緊張感が。。笑
こんな頃から神々しいですね。懐かしい まろ様。
Posted by ダージリン at 2019年07月28日 08:43
>ゆきママさん
後の漁港トリオとは全員この年に出会っていました。
マロのお兄さんとは「猫の切れ目が縁の切れ目」です。

>ダージリンさん
それ以上近づいたら逃げるからねと言っていました。
トリオの最後のひとりになるまでそう言ってましたね。
Posted by まるこめ at 2019年07月28日 11:04
そんなマロさまを初対面で撫でさせて頂いたのは、奇跡だったのですね…。
あれから14年、人にも猫さんたちにも時は流れているんだなぁと
今更ながら実感しました。
人生も猫生も色々ですね。
Posted by 茅ヶ崎在住人 at 2019年07月28日 13:50

行き詰った時に
マロ様と一緒に海風を感じて
一緒に座っていたことがありました。
何も語るわけでもなく
ただそれだけで励まされた気がしたあの頃。

行けば必ず会えた。
わたしが初めて会ったのはすでにちんまりしたマロ様でしたが
トリオ時代はどんなだったのかな?なんて
考えたりしました。

マロ様
頑張るね
ありがとうね。。


Posted by チィ at 2019年07月30日 06:38
>茅ヶ崎在住人さん
マロは長らく男性が苦手だったようです。
14年。過ぎてしまえばあっという間のようでいて。

>チィさん
人を映す鏡のような存在になる猫がいるものです。
マロは確かにそれで、ある人々にとっては今だにそうなのです。
Posted by まるこめ at 2019年07月30日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: