また別の日のママンとモモと

2022年01月03日



誰の姿も見えず落胆しながらふと振り返ると、



いつからいたのか、そこには母が。



そして誰もいなかったはずの「お待ち台」には娘。



こちらの動きも考えも、すべてお見通しと言われたような。
posted by まるこめ at 02:55 | Comment(2) | 海猫
この記事へのコメント
独特の距離感ですね。

いいわぁ(⌒-⌒; )
Posted by iwagikyou at 2022年01月05日 21:54
一直線に駆け寄ってぐいぐい頭を押しつけてくる子もいれば、
この親子のようなのもいて、猫も本当にいろいろです。
Posted by まるこめ at 2022年01月13日 01:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: