謎の引越し

2009年02月26日



蘭丸とその兄弟が数ブロック先に住処を移していました。



ふたり揃って自力で移動したとは考えにくいし、



じゃあ、いったい誰がわざわざそんなことをしたんだろうと首を傾げるボランティアさん。



ちなみに、ここはシロの1号エリア。 新住人がお気に召さないのか、自室から出てこようとしません。
posted by まるこめ at 00:30 | Comment(4) | 蘭丸
この記事へのコメント
えぇ〜?
本当ですか!?
ボランティアさんまで真相をご存知ないなんて謎過ぎます・・・
でも2匹とも元気なんですよね!?
Posted by makudeco at 2009年02月26日 17:29
この子たちを捨てた人が移動させたのではないかというのがボランティアさんの想像です。
蘭丸はともかく、もう一方の子に触れる人はそうそういないはずだから、と。
それにしては、以前の場所から3ブロックほど西にあるソコは、
工事車両が出入りして、けっして好ましい場所ではないのですが。
ふたりとも元気でしたが、そんな場所なので茂みにこもりきりで、オモテには出てきませんでした。
以前のようなシーンは望めないような気がします。
Posted by まるこめ at 2009年02月26日 22:10
元気いっぱい兄弟には海と砂浜の遊び場がピッタリでしたよね。
なつこい蘭丸ちゃんを連れ去ろうとして、やっぱり途中でやめて、兄弟が心配でついてきた…とか…
でも自力で歩くには遠い場所なんですよね。
なんなんでしょうね…
かわゆいだけに、ついつい心配してしまいます。
Posted by 猫山 at 2009年02月28日 21:50
もうひとつ考えられるのは、防砂林の中の住人(青いテントに住む人)が
ねぐらを替えるに当たって、お気に入りの子を連れて行ったというものです。
かつて姿を消したチロルとペーターという兄妹がソレだったといわれています。
まー、猫は防砂林の中、真相は藪の中というやつですか。
Posted by まるこめ at 2009年03月01日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: