タメトモな日々

2009年08月05日



ジサマと対峙 (まだそんなことしているのか、ジサマ)。



その数日後 (ジサマにボコられたのかどうかは不明)。



さらに数日後 (回復は早い)。



そしてジサマ (勝利の雄叫びでは、たぶんない)。
posted by まるこめ at 19:01 | Comment(5) | タメトモ
この記事へのコメント
あまりしょっちゅう行ける訳でもないのに・・・ジサマとの遭遇率は100%です(あ、あおいさんも・です)
「おー!ねーちゃん、来たかぁ!!」って感じでトコトコ走って来てくれると、にやけちゃいます。
みんな、元気で居てほしいです。

あ、このサイトをご覧になってる方、いつぞやはお写真の邪魔をしてしまって申し訳ありませんでした。まるこめさんスミマセン、この場をお借りして一言(汗)
Posted by 茅ヶ崎在住人 at 2009年08月05日 23:04
タメトモとジサマってそう言う関係なのですか?
あまり対立していると頃を観たことがないのですが。
とはいえ仲良くしているところも見たことはありませんが(^^;)。

茅ヶ崎住人さんはもしかして7/12の夕方にお二人連れでいらっしゃった方ですか?
だとしたら写真を撮っていたのは私です。
全然邪魔じゃなかったですからね〜、気にしないでくださいね〜。
みんなのジサマたちですから!!
Posted by hamacha at 2009年08月06日 01:23
タメトモの傷は間違いなく、ジサマの所業だと確信しています。
詳しくは、「猫の手」に投稿させて頂きました。劣勢に見えるジサマですが、ツツツーと近寄り、目をそらすタメトモに電光石火のタックルを決めました。
Posted by 月と猫と夜の庭 at 2009年08月06日 14:14
>茅ヶ崎在住人さん
ジサマはともかく、アオイの100%というのはすごいですね。
ぼくの場合は50%にも満たず、こいつはたまたま遊びに来ているだけで実は近所の飼い猫なんじゃないかと思ってしまうぐらいです。
今度はぼくの撮影を邪魔しにきてください。わはは。

>hamachaさん
さすがに最近はジサマも弱ってきたので目にする機会はそうありませんが、
ジサマはタメトモを目の仇にしているようです。
http://marukome.sblo.jp/article/4425815.htmlなどは最大の激戦で、
水をかけても、マタタビまいても、つま先で蹴っても離れぬ両者でありました。

>月と猫と夜の庭さん
ジサマはいつも不意打ちで来ますね。
鳴き声だけの前哨戦とか一切なく、相手に戦意がなくてもおかまいなし。
にもかかわらず、このエリアにタメトモが居着いてしまったのは
それだけジサマが弱ってきたということでもあるのでしょう。
Posted by まるこめ at 2009年08月06日 17:58
まるこめさん みなさまこんばんは!

hamachaさま はい、アレは私です(笑)
いっつもあんな感じで・・・自分は写真が取れないんですよ。
サイトも拝見させて頂きました、写真綺麗ですね〜。
あの日は「噂のニワトリさん」とも会って帰りました。
Posted by 茅ヶ崎在住人 at 2009年08月06日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: