釣餌屋前プニーズ

2010年07月28日



念願の



子猫たちとやっと遭遇。



見事なまでの柄違い。



でもって、母の面影まるでなし。



その母、キクチヨ (猫の手にでかいのあります)。
posted by まるこめ at 15:40 | Comment(8) | 海猫
この記事へのコメント
この子達、面白い位に、
(アオイちゃん似の子は、子猫!な感じなのに、
 キジ柄の子は、子猫にしては大人びてますね。)
本当にお母さんに似てませんね。(笑)
猫の世界ではよくあるのでしょうけど。
3匹とも、暑さに負けず、
元気に夏を乗り切って欲しいものですね。
Posted by うに at 2010年07月28日 16:42
アオイ似の子がもう一匹…となるとやっぱりアオイと何か関係があるんでしょうか?
キジの子はキクチヨの兄弟?のムナカタに似てますね
Posted by アメダス at 2010年07月28日 17:33
おおお…キジの子すごい個性的なクマドリですね。
ちょっと怖かったです。痩せて見えますねぇ。
Posted by miji at 2010年07月28日 18:08
キクチヨは雄だと思い込んでいました。
今すごい衝撃を受けています!
Posted by コフ at 2010年07月28日 23:07
”アイちゃん”との関係は???
あのエリアの家計図が見たいですね。
私が良くお会いしてる(って月一ですが)皆様とは
違う猫さんにも会うことがあります。
 
船宿の子達は”お散歩”に出てるのを
遠くから見たことがあります。
すっんごく!! 羨ましかったです!
Posted by 茅ヶ崎在住人 at 2010年07月28日 23:22
しぐさ、性格が愛らしいトコがそっくりですね。
Posted by さっぽろ at 2010年07月29日 07:38
2枚目の写真のお子は、猫離れしているというか、、。
それなら何に見えるかといわれると困りますが、何か
別の生き物であるかのような、、、、。
Posted by ぷにぷに at 2010年07月29日 09:39
>うにさん
似てませんねぇ。
髪型だけでも同じ子がいたりすると、
ぼかぁひどくうれしいんですが。

>アメダスさん
ムナカタ! ぼくも思い出していました。
彼の生死もキクチヨとの関係もわからずじまいですが、
その遺伝子は受け継がれているようです。

>mijiさん
すごいですね。
戦闘時に化粧する民族を思い出しました(笑)。

>コフさん
今回の子はキクチヨにとって第2子、第3子になります。
この子たちの兄に当たるのはこちら。
http://marukome.sblo.jp/article/33685541.html

>茅ヶ崎在住人さん
アイちゃんと呼ばれる兄にしても、この子にしても、
キクチヨにこういう子を産ませる父親というのが謎です。
あるいは父親がそうでなくても、隔世とかあるんでしょうか。

>さっぽろさん
半ば店猫のせいでしょうか、まったく人を恐れません。
車も通るエリアなので、あまり走り回らないでほしいです。

>ぷにぷにさん
この手の子をぼくは宇宙猫と呼んでいます。
成長するにつれ、たただの地球猫になっていくようですが。
Posted by まるこめ at 2010年07月29日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: