若茶虎的顛末

2010年10月13日



先日見かけたちっこいのに、



めでたし、早くも引取り手が現れました。



とはいえ、モモワカの時といい今回といい、



「してやったり 」と、この子らを捨てた人たちがほくそ笑んでいるとしたら、



それはちがうだろーと言いたいわけです、声を大にしてワタシは。



この直前、コスケに傷つけられた左手を振りかざして。
posted by まるこめ at 22:39 | Comment(6) | 海猫
この記事へのコメント
ちっこい茶トラ君?(勝手にオスにしてます)
新しいおうちで可愛がってもらってね。

それにしても、おいちゃん、傷だらけですね〜〜。
Posted by バーミ at 2010年10月13日 23:17
11日に探しに行ったのですが 時既に遅し
会いそびれました(笑)

なにより 良かったです♪
早く馴染んでたーまに「海」のことを
懐かしく思い出してくれたら…と思います。
新しい門出にご尽力してくださった方々に
感謝の気持ちをこめて。

Posted by 茅ヶ崎在住人 at 2010年10月14日 00:36
でっかい幸せが訪れましたね!
良かった!よかった!
Posted by りょん太郎 at 2010年10月14日 10:14
よかったね!!優しい方ありがとう。
いろいろあったけど、これからは
いやぁ、人間って本当にいいもんだ!
と一杯あまえてね、まだ子供なんだからね。




Posted by さっぽろ at 2010年10月14日 10:26
そーだそーだ、世の中舐めたらいかんぜよ!捨て主!
しかし、なにはともあれよかったです。
Posted by ぷにぷに at 2010年10月14日 11:18
>バーミさん
ボコボコにされた手が恥ずかしくて、出し渋っていた写真です。
よい子は真似しないようにしましょう。

>茅ヶ崎在住人さん
失敗に帰した捕獲作戦初日の終わりにたまたま遭遇しました。
その雪辱戦が11日、早く出かけていれば捕り物に立ち合えましたね。

>りょん太郎さん
よかったですね!
今頃は新居もひととおり探索し終え、
お気に入りの場所を見つけていることでしょう。

>さっぽろさん
新しいお母さんになってあげようと決めた方、
その方に代わって捕獲に挑まれた方、そのお手伝いをされた方、
そうとは知らずに傘やハウスを用意された方、
多くの善意がこの子の周りに集まった数日でした。

>ぷにぷにさん
善意の人や面倒見のいい人が集うここなら大丈夫。
猫を捨てて行った人はそう考えたのかもしれません。
そんな思いを抱かせるきっかけに、このブログがもしなっていたとしたら、
それはものすごくイヤだなとぼかぁ思うわけです。
Posted by まるこめ at 2010年10月14日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: