私信

2011年04月12日



震災を境に



お見かけしなくなった常連さんのことを、このひと月気にし続けています。



飽きがきていたところに、ひとつのきっかけになったというのならそれはそれでいいのですが、



どうか被災されていませんよう。 ご無事でいらっしゃいますよう。



あなたのコメントに何度も何度も救われました。
posted by まるこめ at 17:28 | Comment(6) | マロ
この記事へのコメント
心配ですね・・・
でもきっとお元気でいらっしゃいますよ!
Posted by みや at 2011年04月14日 12:18
そうですね。
どうもありがとうございます。
気を取り直してまいります。
Posted by まるこめ at 2011年04月14日 16:23
地震の影響はすべての人に何かしら及んでいますね。
もう少し落ち着いたら、以前のようにコメントを寄せてくださることでしょう。
まるこめさんの優しいお気遣いに心温まります。

三枚目のマロは、おいちゃんに向かって何を思って叫んでいるのでしょう?

マロを見るたび、昔、世話していた生粋のノラ猫「ロビン」を思い出します。
彼女も三白眼美猫でした。毛色もソックリ。彼女は外で16年、その後の2年は我が家で
計18年という長寿でした。
Posted by ねこやしき at 2011年04月14日 16:31
後でわかったことですが、この日すでに相棒のステラは天に召されており、
きっとマロは淋しかったんだと思います。
自分から声を出して居場所を知らせるという、
この子にしては非常に珍しい(もしかして初めてだったかも)行動に出たのでした。
Posted by まるこめ at 2011年04月16日 05:49
津波の被害が大きかった地区の中に、たくさんの猫が住まう地が2ヶ所ありました。
おそらく逃げることもかなわなかったでしょうが、その最期が人間の身勝手では
なかったことに、わずかな慰めを感じます。
その地で猫たちの世話をするお婆さんがいました。無事でいてほしいと願っています。
Posted by 仙台在住 at 2011年04月17日 09:13
津波の被害が伝えられた時、
彼の地の海岸付近にも当然いたであろう猫を、
人間のことよりも先に気づかってしまいました。
これはちょっと困ったことではないかとは思うのですが。

コメントいただき、どうもありがとうございます。
猫の世話をされていたそのお婆さんも、どうぞご無事でありますよう。
Posted by まるこめ at 2011年04月17日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: