フクマツエリア

2012年03月25日



かつてのサスケの定位置でくつろぐフクマツ。



このエリアも以前は大所帯でしたが、



今やコンスタントに出てくるのはフクマツと、



「セリザワ、あるいはツルタ」 と妙な名で呼ばれるこの子ぐらいになってしまいました。
posted by まるこめ at 09:19 | Comment(4) | 海猫
この記事へのコメント
まるこめさん、冥福を祈ってくださったSALAの亡骸が見つかりました。
今、私の傍らで目を開けたまま眠っています。
丁度、一週間後の外に出した時間、隣の前庭にある藪の中から・・・。
綺麗なままでしたから向学の為、獣医さんに気付いた点等お話しましたら、尿毒症であると思われるので、吐いた時点から24時間もたなかったということでした。
3ヶ月前からの兆候を甘い判断で放置し、私が死なせてしまいました。
最後のひと鳴きは助けての「クゥー」でしたのに。
痛い思いをさせた罪悪感でいっぱいです。
私に対しては子犬のような猫でした。
Posted by chobi姉 at 2012年03月26日 01:02
いなくなったままにならず、chobi姉さんにも
SALAにも救いになったのではないかと思います。
どんなに尽くしても後悔はついて回るものです。
ぼくらはいつも謝りたいことでいっぱいです。
今いる子、次に出会う子につなげてください。
SALA君の冥福を、切に、深く、お祈り申し上げます。
Posted by まるこめ at 2012年03月26日 01:34
セリザワにしてもツルタにしても、
海際の路上で戦う不良な感じがしますね。
目付きに味がある。
Posted by dainoji at 2012年03月26日 10:04
この顔で睨みつけ、嗄れた声でずっと鳴いてます。
そうやって呼びつけるくせに、寄るとそのぶん下がります。
置く物だけ置いてさっさと帰りやがれとでも言っていそうです。
Posted by まるこめ at 2012年03月26日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: