セリザワだって猫だもの

2012年06月09日



しばしば遭遇する割に、「セリザワあるいはツルタ」 に出番がないのは、



いつ見ても茂みの奥で同じ顔して逃げ腰で、変り映えのしない写真しか撮れないから。



ところがなぜか、この日はオモテに出て来て、かつてのサスケの定位置。



あぁ、猫らしいこともちゃんとするんだ。 っていうか、猫だったんだ。



まー、次見たら、やっぱりここでこうしているわけですが。
posted by まるこめ at 01:34 | Comment(0) | 海猫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: