グレートマザー

2012年10月10日



初めて足を伸ばした東のエリア、2007年、ミヨシに会った。



時はまさに3人娘の子育て中。



寄り添うコスケがまだこんなに小さい。



共にカメラバッグを攻略するのはロクロー。



母と同じ表情でのし歩くジンパチ。



一堂に会した写真は意外と少ない。



人懐こい娘たちとはちがって警戒心が強く、



本当にまれにしか触れさせてくれなかった。



晩年お気に入りの場所。



こんなにも子供たちから慕われていた母を他に知らない。



そしてその消息は、この夏以降誰も知らない。
posted by まるこめ at 16:38 | Comment(13) | ミヨシ
この記事へのコメント
綺麗だな。
圧倒的に綺麗だ。
また会いたいですね。
言葉もない。
Posted by dainoji at 2012年10月10日 19:48
こんにちは。 野良ニャンコの一生はせつない。先日、野良のサビニャンコを引き取りました。淳と名付けました。 元気に健やかに育つように。
Posted by 涼&リッキー at 2012年10月10日 20:52
多いときには、朝、昼、夕、更には夜にもこの一家を訪れました。
慣れて来ると、真っ先にミヨシが出て来るようになり、浜辺にも率先してついて来ました。
言葉が続きません。
Posted by 月と猫と夜の庭 at 2012年10月10日 21:10
グレートマザー戻る!!の報せが聞けますように!
Posted by そにー at 2012年10月10日 23:14
目撃情報かと、ドキドキしました。

どこかで無事に暮らしていてくれたら、いいのに・・・
本当に切ないです。
Posted by Tenten at 2012年10月11日 01:49
かわいい親子ですよね。
また鳥居で並んでるところを見たいです。
Posted by 史希 at 2012年10月11日 07:54
ホント不思議ですね('_')
突然、身を隠すんですから・・・・
今まで、餌をやって可愛がっている猫たちが何度姿を消したことか・・・・
数箇月後に突然また食べに来て、また居なくなって・・・・
Posted by mike at 2012年10月11日 10:02
「無事を知る」再びで今度は姿を見せて欲しいですよね(´・ω・`)
Posted by とっこ at 2012年10月11日 11:04
無事で居て欲しいです。
ただただそれだけです。
Posted by 桂 at 2012年10月11日 12:08
ミヨシ ファミリーは本当に和みますね。
母ミヨシ、何処にいるのか…。どうか無事で。
また、一堂に会するシアワセな時があるといいな。

Posted by クロ at 2012年10月11日 15:21
きっとベンチ猫のチャトラ君のようにいい人にもらわれていったんだと思います。
きっときっとそうです。
Posted by プリ夫 at 2012年10月11日 20:46
猫とは・・・なんとプライドの高い生き物なのだろう。
年老いた猫が姿を消すたびに、そう思います。
Posted by nami at 2012年10月12日 03:01
>dainojiさん
じぶんちの飼い猫が誉められたみたいにぐっときました。
どうもありがとうございます。

>涼&リッキーさん
人間の尺度で猫の幸せ、特に野良猫のそれを論じるのもなー、
という気も実はちょっとしています。

>月と猫と夜の庭さん
広場だった頃のあのエリアの全景が、
1枚の絵のように脳裏に焼き付いています。
4匹のファミリーと、あと1、2匹込みで。

>そにーさん
夏の間中、その知らせを待っていました。
もちろん今も待っています。

>Tentenさん
競合他社(笑)の似たような記事を見たとき、
ぼくも目撃情報かとぬか喜びしたものです。

>史希さん
鳥居の向かって右が定位置でした。
ラストの3枚は全部別の日のものです。

>mikeさん
ミヨシが健康ではなかったことは以前から周知のことで、
だから今回の件は不思議だとばかりもいえないのですが、うう……。

>とっこさん
アトムヘアーを、ぼくは最大7ヵ月間見かけなかったことがあります。
出会えぬ日々が続く子たちが、皆それにならってくれたらいいのですが。

>桂さん
こちらがそういう思いでいるからか、
なんとはなしにコスケが元気なさそうに見えたりもする今日この頃です。

>クロさん
ちょうど3人娘が産まれた頃からの被写体だったので、
最も多くの家庭ドラマを見せてもらいました。

>プリ夫さん
だといいですね。どんなにかいいでしょう。
これまで消えた子たちもみんなそうなら。

>namiさん
あるがままに受け入れるのですね。ものも言わず。
自分もみっともなくあがくまいと、その都度思ったりします。
Posted by まるこめ at 2012年10月12日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: