先月21日、最後に会った

2012年11月27日



ブログ更新はコメント返しがすんだ後、というのをこれまで旨としてきましたが、



ごめん、今日だけ許してください。



黙っているときはそんなでもなかった思いが、



記事にしたとたん、つのる、あふれる、おしよせる。



オマケは、二度と揃わぬ遺恨姉妹。
posted by まるこめ at 23:48 | Comment(13) | ロクロー
この記事へのコメント
コスケは、何か感じたのだろうか…。
Posted by クロ at 2012年11月28日 00:32
これで、
コスケは一人になるのか?
いやいや、
ミヨシはどこかにいるよね?
ケンカするほど
仲がいい。
最後のカットには、
思いが乗るね。
Posted by dainoji at 2012年11月28日 09:43
私も幾度となくお別れを経験しました。
病院で涙が止まらなくて困ったことも数知れず(>_<)
まるさん、元気を出してくださいな
Posted by プリ夫 at 2012年11月28日 10:02
コメントのことなど、どうかお気になさらずに。
悲しい事は・・・沢山の方々と分け合いましょう。少しは悲しみも少なくなるかもしれません。
生きとし生ける物、宿命ですね。
Posted by nami at 2012年11月28日 11:22
この間、私たちの住んでいるところが洪水になり、飼っていた猫が2匹犠牲になりました。すりすり寄ってきてくれた子がいなくなって、心が寒いです。
たくさん猫を飼っているけれど、この寂しさはいつも変りありません。
Posted by ビビ at 2012年11月28日 16:51
ロクロー残念です。まるこめさんの記事を通しとても愛嬌のあるとても愛らしい猫でした。まだまだたくさん遊べたろうにと思うと辛くなりますね。せめて安らかに眠ってほしいです。ロクロー今までありがと、ゆっくり休んでね。
Posted by ししまる at 2012年11月28日 17:28
マロが元気になってホッとしていたのですが・・・
ロクロー残念でなりません。
まるこめさんと出会って、星になってしまった海猫達はこのブログの中で元気な姿を見せてくれます。
素敵な写真の数々にみんな喜んでいると思います。
どうか気を落とさずに。
Posted by muraishi at 2012年11月29日 00:40
>クロさん
大いに気になるのですが、このところコスケに会えないのです。
消えた猫あり、新参猫あり、コスケエリアに変化中です。

>dainojiさん
最後のカット、この日のことはいい思い出です。
ふたりして「あんだよ?」「なんだよ?」と言い合っていました。

>プリ夫さん
話は早くから聞いていたのに、泣けてきたのは記事にすると決めた時からでした。
悲しい報告はこれまで何度もしましたが、実際に涙が出たのはフトシの死以来です。

>namiさん
コメントほったらかして更新するだけのヒトが嫌いです。
だったらコメント欄閉じろと思います。言っちゃった。はは。

>ビビさん
大変な思いをされましたね。切ないですね。
お戻りの際、お会いできればよいのですが。

>ししまるさん
ロクローの楽しい時間にどれだけ貢献できただろうかと思います。
好きな人のベストスリーぐらいは入れていただろうかと。

>muraishiさん
どうもありがとうございます。
年降るごとにブログタイトルがまんざら嘘でなくなってきます。
Posted by まるこめ at 2012年11月29日 01:46
最近YouTubeで猫関連の動画を見ていると、コメントにジエチレングリコール入の餌をばらまいてやる、とかいきがっている人物が多い気がしてます。鬱屈した精神の気晴らしに自分より弱い物への八つ当たりをしても仕方がないと思うのですが・・・まさか海猫達のエリアにもそういう不逞の輩が出入りし始めているのかもしれないと思うと気が気ではありません・・・
Posted by とっこ at 2012年11月29日 11:16
ようく見るともしかして一枚目の写真は・・・・・
Posted by プリ夫 at 2012年11月29日 21:17
>とっこさん
フジコの死因をめぐっても同様の疑惑がありました。
真相はわからないながら、深く実感されたのは、
悪意から外猫を守り続ける術をぼくらは持たないということでした。
残念ながら。

>プリ夫さん
この直前、せかせか穴を掘ってこちらに向き直ったロクローでした。
もしかして……ソレです。
最後の笑えるエピソード。
Posted by まるこめ at 2012年11月30日 20:13
コスケに会いたくて足を伸ばしました。
が、叶わず。

ご飯をあげているという方々にお会いすることができ、
ロクローのお墓参り、そして、
お花をあげさせていただきました。
何者かが掘り起こしたらしく、再度の埋葬でした。

ミヨシ母さんが
工事現場の方々にかわいがられているようだ、
との事でした。事実は確認できていないようですけど。
Posted by iwagikyou at 2012年12月07日 16:55
コスケを見かける頻度はぼくも減っていますが、
ロクローの墓参りができたのはなによりでしたね。
ミヨシ情報も耳寄りです。
工事現場、囲いの向うに行ってみたいものです。
Posted by まるこめ at 2012年12月09日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: