ワカメ The 家猫

2013年01月03日



サスケ改め、ワカメ君の近影が送られてきました。
トイレもすぐに覚え、爪研ぎも決められた場所でし、外に出たがる様子もなく、
新しいお父さん、お母さんに愛され、のんびり幸せに暮らしているそうです。
よかったね、ワカメ君! ありがとね、ワカメママ、ワカメパパ!

オマケは、サスケ保護を伝える台湾サイト。






直にご覧になりたい方はこちら
posted by まるこめ at 19:50 | Comment(10) | サスケ
この記事へのコメント
牢名主?(笑)

幸せにね〜
Posted by りょん太郎 at 2013年01月03日 20:20
相変わらず台湾の人の猫好きにほっこりしました(笑)家猫になってもやっぱり得意技は前足ホールド猫キックなんでしょうね(^ω^)余生を幸せに暮らして欲しいですね〜
Posted by とっこ at 2013年01月03日 21:48
ネコたちと人間は、お互いに一緒に暮らして一番幸せなんですにゃぁー(^ω^)
トイレなんかすぐに覚えちゃうし、悪さはしないし、安心して暮らせます(^^♪
ワカメ君、いっぱい可愛がってもらうんだよーー
Posted by mike at 2013年01月03日 21:58
サスケ・・・もといワカメ。すぐに家猫化するなんて!!
私が昔飼っていたナウタは、野良生活が長かったせいか、外に出たがって仕方が有りませんでした。で、猫ドアーを取り付けていました。
ワカメの家には、杭はあるのでしょうか・・・。
それにしても、マルコメさんは海を越えた有名人なのですね!!
Posted by nami at 2013年01月04日 10:10
台湾の方にもらわれたのですか?

杭には登らせてあげてるんだろうか…。
おいらなら部屋の高さいっぱいの杭を立ててあげるな。
もしくは庭とかに。
Posted by dainoji at 2013年01月04日 10:23
わかめちゃん、海岸では一度も会えなかったけどよかったねー。
家猫を満喫してるかな、家猫もまんざらじゃないでしょ(^_^)
Posted by プリ夫 at 2013年01月04日 12:21
ワカメ君、のんびりくつろげてよかったね。
外に出たがらないとは、すっかりお家で落ち着いてるのかな。

読めないですけど、「日本湘南海岸一隻名叫「佐助」的虎斑貓」この辺り、嬉しいです。
「街貓的攝影師Marukome」撮影師ってかっこいいですね。
まるこめさんグローバル!さすが海猫伝説。

Posted by 史希 at 2013年01月04日 12:57
>りょん太郎さん
もう敷物なしでは寝られない、とかね(笑)。

>とっこさん
あちらはあちらで、日本人は猫好きだなぁと感心しているようです。
ぼくが受けたような攻撃に、ママさんがさらされていませんように。

>mikeさん
海岸では「最も」と言っていいほどやんちゃだったので、
少し心配な部分もあったのですが、まったくの杞憂でした。

>namiさん
裏切られたような気は確かにしますね。ほんの少し。でも、よかった。
有名人って、そんな、全然。わはは。

>dainojiさん
いえいえ。ご近所の方です。
ファンランだとかフクマツだとかも、お世話してくださっています。
件の台湾サイトに、ウチはチェックされているみたいです。

>プリ夫さん
満喫しているみたいですね、家猫生活。
それでも最初しばらくは、物陰に隠れていたのだと聞きました。

>史希さん
サスケはすんなり漢字表記できる名前でよかったです。
と、ローマ字表記のワタシは思うわけです。はは。
Posted by まるこめ at 2013年01月04日 23:42
サスケ!スティッチ!はぁ〜もぉ〜サスケにつっこみいれたいぃーっ!
リラックスしてる表情。しあわせそう。すごく嬉しいです。
ワカメママさん、パパさん、ありがとう。まるこめさん、謝謝。
Posted by カクレケダマ at 2013年01月05日 01:37
こんなにうれしい話題は他にないですよね。
ワカメママさん、快挙です。
保護された後のこともお知らせできてよかったです。
Posted by まるこめ at 2013年01月05日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: