ツルタ魂

2013年05月21日



長い名前、「セリザワあるいはツルタ」。 略してツルタ。 なんだそれは。



群れのメンツが四散した後も、唯一この地にとどまるバサマ。



皆が恐れた画面左、耳だけ写った侵入茶トラを、屁とも思っていないのが立派。
posted by まるこめ at 02:38 | Comment(3) | 海猫
この記事へのコメント
侵入茶トラも気になりますな。
それにしてもツルタ、強い。
舌なめずりして余裕半端ない。
誰のシマ思とんや、こら。
みたいな。
Posted by dainoji at 2013年05月21日 08:07
目に力のあるマダムですね、ツルタちゃんって。
私的にはどの猫ちゃんもかわいくて仕方ないですけど・・・^^
やはり、色んな修羅場を経験しているような感じがしますね。

茶トラと仲良いのかな!? 良かったらいいな。
Posted by のこ at 2013年05月21日 19:01
>dainojiさん
人間に対しては非常にビビリなのですが、
猫には無頓着のようです、ツルタ。

>のこさん
どうもツルタは以前から、とりわけ誰とも仲よくないようです。
悪いわけでもないのですが、無関心というかなんつうか。
Posted by まるこめ at 2013年05月22日 01:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: