おとうさんといっしょ

2013年10月19日



またまたよいところに



出くわしたなと思ったら、



ふらふらとカメラマンに寄るソンミン。



うん、まぁ、そこでじっとしてくれればいいや。
posted by まるこめ at 23:18 | Comment(8) | 海猫
この記事へのコメント
ソン君には、おとうさんが二人いるんですね。
至福の時なんだろうなあ。
Posted by iwagikyou at 2013年10月20日 08:24

ソン君
久々発見したと思ったらズンズンと逃げられました・・・(T_T)

仕方がないので
木々の間から眺めてました

悠々と寝そべっていました

うーむ・・・・

Posted by チィ at 2013年10月20日 09:44
ここの海辺の出会いは、ソンと私の定番地です
ソン、さぁーひざまずいて、○さんとの出会いに感謝しようネ
○さんに惹付けられて、気もそぞろ目もそぞろのソンでした。(笑)
Posted by shonan at 2013年10月20日 13:57
写真を撮ってない時、私もたまに被写体に…。それから、カメラマンの方へ。
おとうさんの立場になることも。
Posted by nekozi at 2013年10月20日 15:37
ほんわかな気持ちにさせてくれますね。
ソンミンは人の心を分かってくれますね。

癒されました、ありがとうございます。
Posted by のこ at 2013年10月20日 21:07
>iwagikyouさん
おかあさんもいます。そう呼んでは失礼なほど若いおねいさんも。
うらやまソンミン。

>チィさん
逃げるのですか。困った奴。
ちゃんとお相手するよう言い聞かせておきます。

>shonanさん
毎度お楽しみの時間を邪魔してすみません。
ほんの1週間前、半袖1枚で平気でしたのにねー。

>nekoziさん
おとうさんとカメラマンの間には確固とした一線があるようで、
至らないような負けたような複雑な気分によくなります。

>のこさん
なじんだ猫はこちらの心を写す鏡のようでもあります。
その行動に人の気持ちが寄り添っていくだけのことかもしませんが。
Posted by まるこめ at 2013年10月21日 14:32
(一応プロの)写真屋からしてみると、こんな”すっごい”被写体を発見した、まるこめさんがうらやましいです。まさに『被写体は足で探せ』で、日頃からの貴殿の努力(?)のたまものですね。これは、まさにポスター向けの写真!
さらなる「青い空と、ひろ〜〜い青い海と、おとうさんとソンミン」傑作集を見せてくださいネ。
Posted by Meaのお父さん at 2013年10月22日 11:29
足を運びさえすればほとんど毎日のように撮れそうな気もしますが、
飽きられると困るので、たまぁ〜のことにしておこうと思っています。
Posted by まるこめ at 2013年10月23日 10:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: