コスケ2011

2013年11月17日



このシリーズ、2010で中断していたのは、



2013までいったらその後は、



ホントにサヨナラ言うしかないんじゃないかと、



はたと気づいてしまったからで。



ぼくは今も未練たらたら。



ああ、あの子なら○○さんが連れて帰ったよ。



そんな言葉が聞こえてくるのを今も待ってる。



ずっと待ってる。
posted by まるこめ at 00:29 | Comment(9) | 海猫
この記事へのコメント
コスケちゃ〜ん・・・涙
私も未練たらたらです。
私もまるこめさんからのその報告待ってます。
ずっと待ってます。
Posted by 福ちゃん at 2013年11月17日 04:49
幾度足を運んでも、会えない……そうした喪失感が現実のものではないだけに、ボクには救われている面があります。
けれども、膝の上のミュウに時折り話しかけてしまいます。
「もう、誰もいないよ」
Posted by 月と猫と夜の庭 at 2013年11月17日 10:47
わたしも待ってます。ずっと待ってる。
Posted by 海から遠い杉並区 at 2013年11月17日 11:08
こんなにかわいいから誰かのおうちで暮らしてても不思議ではないですが
でも、寂しいですね。
お写真を拝見してるだけの私にも大きな存在です。
Posted by 史希 at 2013年11月17日 12:44
どこかで暖かくしてるかな
悪い子の顔や、花を愛でてる時のお顔、
どこかで誰かに見せてるかな
ミヨシ母さんみたいな優しい誰かが近くにいるかな
Posted by iwagikyou at 2013年11月17日 22:09
>福ちゃんさん
この子のことは本当に多くの人が可愛がっていたので、
ぼくらの限られた人脈にひっかからなくても不思議ではないと思っています。

>月と猫と夜の庭さん
うにゃうにゃの聞こえないロクローエリア、
コスケの姿が見えない柵の向こう、それはそれは切ないものです。

>海から遠い杉並区さん
知らせが届くことはなくても、
どこかのお宅で可愛がられているに違いありません。

>史希さん
そです。全然不思議じゃないです。むしろ当然です。
そうでないと困ります。ぼくら、泣いてしまいます。

>iwagikyouさん
悪い顔しましたよねぇ。それはもう顕著に。誰よりも。
今も飼い主さんを飽きさせない子でいるはずです。
Posted by まるこめ at 2013年11月18日 18:12
まるこめさんの切ない気持ち、とてもたくさん伝わってきました。
私も突然いなくなってしまった猫たちに、いつもその感情を抱いています。
気まぐれな猫のことだから、ふらっとどこかに行ったって…。
Posted by ビビ at 2013年11月18日 19:18
旅に出たのかもしれない。

この懐っこさで、
行く先々で仲間をたくさん作りながら、
今日は東へ明日は西へ。
トラックの荷台に潜ったり、
魚市場をたどって行ったり。

きっとどこかの海辺で、
海をみている。
そして、ふらっと、
いつもの海に帰ってくる。

会いたいよお。
コスケ。
Posted by dainoji at 2013年11月19日 10:58
>ビビさん
そうとでも思わないとやってられないというのも、実はあります。
そういうことにしておきたい。そうにちがいない。みたいな。

>dainojiさん
消えてなお夢とロマンを残すコスケ。
もっと噛まれたり、引っ掻かれたりしたかったです。
Posted by まるこめ at 2013年11月20日 07:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: