年代モノ

2006年06月28日



これは年季の入った子。子というか、ジサマ。



手触りも全然ちがいます。ご、ごわごわ?
posted by まるこめ at 18:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | ジサマ
この記事へのコメント
このくらいのお歳になると、毛繕いより体力温存のための昼寝、ですもんね。
我が家の故ゴールデンハムスター・尻毛長毛も、晩年(というより、晩”月”?)は寝てばかりで毛繕いしないから、毛玉たくさんぶらさげてましたし。
Posted by 夜猫 at 2006年06月29日 22:26
た・・・確かに年季も気合も入ったお顔ですね☆
お目目の下にあるのはイボでしょうか??
でも揃えたお手手がプリティ〜♪
Posted by 白雪 at 2006年06月30日 02:57
>夜猫さん
ええ、もう、いつ見ても室外機の上でうつらうつらしていらっしゃいます。
ええ、もう、動きません。動くもんかと全身で語っておられます。
ワタクシめは申しますと、なぜか尊敬語になってしまうのでした。

>白雪さん
イボですね。年輪ですね。伊達じゃないです。
猫もこれぐらいになるとひとかどの人物です。
なにを言ってるのか自分でもわかりませんが、
そうです、なのにこの手が可愛いのです。

Posted by まるこめ at 2006年06月30日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/914448
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック