タミコ三態

2014年06月17日



憂い。



くんかくんか。



う〜ん、しょっ。
posted by まるこめ at 01:04 | Comment(4) | 海猫
この記事へのコメント
しめやかに艶やかに、そしてしなやかにして、憂いなぞ
無縁のような、恵まれたタミちゃん。

網越に 慕ぶ君のたおやかさ 熱き美肌に 未だ触れさせず

まるこめさんが羨ましい〜。 詠み人知らず、字余り^^:

Posted by shonan at 2014年06月17日 21:01
あれからずっと独りで生きてきたのでしょうか。
あの頃とあまり変わりませんね。
Posted by ぷにぷに at 2014年06月17日 21:27
タミコの愛しのむちむちボディー
ネコは少しぽってりが愛らしいですねー
Posted by mike at 2014年06月17日 22:18
>shonanさん
すぐに懐いた子供たちとちがって、
お近づきになるには時間がかかりました。年単位の。

>ぷにぷにさん
ぼくが知る限り、誰とも群れたことはないですね。
子離れも非常に早かったようですし。

>mikeさん
ムチムチといえば、フクマツかタミコですね。
どちらもたるみがなく若々しいのに驚きます。
Posted by まるこめ at 2014年06月18日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: