意外やフジコ

2011年12月21日



常に潜んでいるわけではなく、



ふいにじわじわ降りてきて、



意外や、小径で転がるフジコ。



一方、場所を取られたタミコ。



「ふふん!」
posted by まるこめ at 16:26 | Comment(4) | フジコ

撫でたその朝

2012年01月29日



心ゆくまでフジコを撫でた。



誰も触れたことがなかった背中には、石のように硬くなった毛玉。



7年前の初対面の印象は、なんとまぁ目つきの悪い婆さん猫。



意外と美猫だったことに気づき、親密になりたいと願ったのがやっと昨年。



そんなフジコを心ゆくまで撫で回した。



硬く、冷たくなったその亡骸を。



前日まで元気にごろごろしていたという彼女に、いったいなにがあったのか。



フジコ、さよなら。 ありがと、フジコ。
posted by まるこめ at 09:20 | Comment(12) | フジコ