なくて耳癖

2006年11月20日



状況だとか、



感情だとかに関係なく、



きみの耳ってそうなのか。
posted by まるこめ at 06:45 | Comment(2) | 島猫

旧市街

2006年11月26日



旧市街と呼ばれるこの通りは、



埋め立てられる以前、最も海寄りの道だったとか。



旧市街というとなにやらものものしいですが、



はっきりいってほとんど路地。



江ノ島旧市街。猫以外に誰かおらんのか。
posted by まるこめ at 23:09 | Comment(2) | 島猫

同じ子を探せ!

2006年12月01日



お天気悪けりゃファーストデーだし、



映画でもハシゴする気で取ってた休暇。



迎えてみたらば空は青いし、暖かいしで、



前回訪問から2ヵ月半、



またも行って参りました、熱海沖に浮かぶ島。
posted by まるこめ at 21:52 | Comment(6) | 島猫

漁港にて

2006年12月03日



釣り人の後ろ、待ちの態勢。



長期戦の構えの子。



たまに気が散る子。



釣り道具を管理する子。



初島漁港、暖かい冬の午後。
posted by まるこめ at 00:33 | Comment(2) | 島猫

同じ姿勢で

2006年12月04日



今回、初島で出会ったなかで1、2を争う小さな子。



次回もきっと会えますように。



それにしても、きみってずっと同じ姿勢だね。
posted by まるこめ at 00:10 | Comment(4) | 島猫

網猫

2006年12月04日



中央、漁網の切れ端に首と前足を絡めとられた子 (詳細はこちら)。



網を取ってもらって、さっそく入念に毛繕い。



ところで、なんで皆一様に海に背を向けるのさ?



ひとりになって、ふける感慨。「あー、オラ、首絞まるとこだった」
posted by まるこめ at 18:51 | Comment(3) | 島猫

知った顔

2006年12月06日



空にも負けない青い瞳、



この耳の伏せ方は、あの日の子ら



憂いというより仏頂面。今回、引っ掻かれました。



そしてこれが初島一番のあの子なのかどうなのか、もうひとつ確信が持てないワタクシです。
posted by まるこめ at 08:53 | Comment(4) | 島猫

イガグリくん

2006年12月07日



ここにも、そしてここにも写っていましたが、



今回、初島で見かけたなかで、一番小さかったのはたぶんこの子。



ちょっとよそ見していると、これこの通り、ひざの上。



どうか、どうか、この子が健やかに育ちますよう。
posted by まるこめ at 08:50 | Comment(6) | 島猫

お日様の下

2006年12月10日



「なぁ、兄弟。いい天気だぜ」
「まったくだ」



「なぁ、兄弟。なんでこいつ尻向けてんだ?」
「……」
posted by まるこめ at 17:34 | Comment(3) | 島猫

岩場の子ら

2006年12月13日



初島食堂街先の岩場。



フタツネと呼ばれるここは、



スキューバダイビングのポイントのひとつ。



だそうですが、この日、ダイバーの姿はなく、



いるのはただ猫ばかりなり。
posted by まるこめ at 22:48 | Comment(7) | 島猫