エピタフ

2008年04月18日



以前から



ここは彼女の餌場。



遠慮しないで。 供養にもなるし。



一説によると、フトシら兄弟の母。
posted by まるこめ at 07:30 | Comment(5) | タミコ

母の帰還

2011年02月07日



子らと離れたエリアで暮らしていたアツシ・フトシの母が、



近くで始まった工事を嫌ったのか、子供たちのエリアに移動。



母のこの丸々とふくよかなこと。



ああ、本当にアツシとフトシを足して2で割ったみたいだ。
posted by まるこめ at 23:12 | Comment(2) | タミコ

ふくよかな母

2011年05月25日



遭遇確率急上昇といえば、さらに上をいくのが、



早世したフトシ、痩せ衰えたアツシの母であるこの子。



実は妹なんじゃないのと問いたいぐらいの肉づき、手触り。



というわけで、いっちょガシガシしてみっか。
posted by まるこめ at 21:03 | Comment(3) | タミコ

ガシガシ連動

2011年06月21日



尻尾のつけ根を



ガシガシすると、



なぜか必ず前足舐める。



そんな 「アツシの母」 を、タミコと呼ぶことにしました。
posted by まるこめ at 23:04 | Comment(3) | タミコ

親密度

2011年07月02日



呼べて、



さわれて、



裏返せて、



あと、抱き上げる?
posted by まるこめ at 23:03 | Comment(2) | タミコ

タミコ・ストリート

2011年09月21日



夏場、バーベキュー客が往来するこの道も、



さすがに平日早朝は猫の天下。



というか、タミコの天下 (フジコは茂みから出てこようとしないので)。



オマケは、なにを撮ろうとしたのかよくわからない1枚 (今週のボツ写真ともいう)。
posted by まるこめ at 23:29 | Comment(4) | タミコ

その母

2011年10月11日



かつてフトシは母が一人暮らししていた先まで出向いて逝き、



今またアツシは母が戻ってきた地で逝きました。



アツシが埋葬された朝、なにか異変を感じたのか、



あるいは好きな人たちが一堂に会していることが興味深かっただけなのか、



お墓の周囲を落ち着きなく行ったり来たりしていました。



母、タミコは。
posted by まるこめ at 19:01 | Comment(8) | タミコ

母民子的墓参

2011年11月12日



アツシの墓参りをする母、タミコ。



単に水を飲み来ただけという説は却下。



ちなみにこちらは3年前、フトシの墓にて。 単に食 (以下略・却下)。



そんなのどうだっていいじゃんと言わんばかりの



母である。 タミコである。
posted by まるこめ at 21:09 | Comment(4) | タミコ

供養

2011年11月24日



その日、タミコは



この場所から動こうとしなかった。



この場所。



拡大図。



タミコ、達筆だったんだねぇ (ちがうって)。
posted by まるこめ at 09:34 | Comment(7) | タミコ