シアワセの顔

2007年07月28日



満足である。猫も、人も。
posted by まるこめ at 22:48 | Comment(7) | フトシ

一方その頃 (昨日の続き)

2007年08月10日



一方その頃、片割れフトシは。



「うむ。苦しゅうない」



ほどなく合流。左フトシ、右アツシ。



渚で噂のブラザーズ。



サーファーも熱い視線 (猫にか? カメラマンにか?)。
posted by まるこめ at 16:38 | Comment(2) | フトシ

おたくの猫ちゃん?

2007年09月16日



いつものふたりを撮影中、背後に人の気配を感じて振り向くと、



人のよさそうな老紳士、 「2匹ともおたくの猫ちゃんですか?」



ぐふふっ。それって、信頼関係が見てとれるってことですか。



とっても仲よさそうに見えるってことですか。いやぁ〜、ぼくらは。
posted by まるこめ at 20:04 | Comment(2) | フトシ

ブラッシングと血族と

2007年10月11日



アツシとフトシのコンビがブラッシングされているのに遭遇しました。



マイブラシ持参なのはワタクシだけではなかったようです。



ブラッシング後には食事も用意されている模様。



そんな彼らのエリアから数百メートルほど先、こんな子がいるのを最近知りました。



尻尾がないので、ちがう子だと気づきましたが、



なんでこんなとこまで出張ってるのよと、このワタクシでさえ一瞬思ったものでした。
posted by まるこめ at 18:47 | Comment(2) | フトシ

本日のお二人様

2007年11月14日



股間が痒いフトシ。



首筋が痒いアツシ。



いつもの場所の、



いつものふたり。
posted by まるこめ at 21:41 | Comment(6) | フトシ

その名はフトシ

2007年11月27日



とある知り合いの名がフトシだったことを知り、



声に出してマダムは言った。 「なにそれ、猫みたいな名前!」



心のなかでぼくは思った。 「妻よ、それはちがうぞ」



「こいつが人間みたいな名前なんだ」
posted by まるこめ at 20:27 | Comment(6) | フトシ

お兄さん!

2008年01月19日



海岸のサイクリングコースを走り抜けようとしたところに、 「ちょっと、お兄さん!」 との声が聞こえてきました。



振り返ってみると、フトシが載った 「猫びより」 を手にしたボランティアのおばさんでした。



「あなたが撮ったのかと思った」 と言うそのおばさんにお願いしました。



聞き覚えのある声だから振り向きはしたけれど、頼むから 「お兄さん」 などと呼ばないでくださいな、と。



ワタシの歳でそれは無理っ!



振り返るの、かなり恥ずかしかったんですから。
posted by まるこめ at 18:17 | Comment(6) | フトシ

フトシ、心を閉ざすの巻

2008年02月26日



防砂柵の向こう、茂みのなかに潜むフトシ。



こちらの気配を感じるや、いつもうにゃうにゃ言いながら飛び出してくる子が、



目を合わせようともせず、じっとその場で固まったまま。



どした? 誰かに苛められた?  「おいちゃんもあいつらの仲間?」  ちがうって!
posted by まるこめ at 23:09 | Comment(7) | フトシ

沈黙

2008年04月06日



しばらくぶりに見かけたフトシ。



噂には聞いていたのですが、300メートルほど離れた餌場に移動していました。



こんな姿も披露してくれますし、



ひもじい思いもしていなさそうです。



けれども、アツシを置いてひとり移動してきた経緯については、



黙して語らぬのでありました。
posted by まるこめ at 23:26 | Comment(5) | フトシ

そうか、もう君はいないのか

2008年04月16日



































we miss you.
posted by まるこめ at 18:41 | Comment(25) | フトシ